オロナインを使った毛穴の黒ずみ解消法

MENU

オロナインを使った毛穴の黒ずみ解消法

毛穴の開き対策

毛穴の黒ずみが気になる方の間で、話題となっているのが、オロナインを使用したケアです。
オロナインの基本的な使用法は皮膚の荒れや軽いやけどなどによる、炎症を守るのに昔から用いられてきた、歴史のある軟膏です。

 

そんなオロナインを、主に鼻の毛穴に使用することで、黒ずみ解消に効果的だという評判が口コミでも広がっています。

 

オロナインを使用した毛穴の黒ずみケア

  1. 洗顔後、鼻にオロナインを塗り込む
  2. 10分から15分後、洗い流す

これが基本となっており、とても簡単なケア方法として人気です。オロナインを塗った後に入浴し、毛穴を開くことで、汚れや皮脂をしっかりと落とすといった方法や蒸しタオルを使うなど毛穴の皮膚を柔らかくするのもおすすめされています。

 

オロナインが毛穴の黒ずみ解消に役立つと言われる理由

オロナインには殺菌、抗菌作用のある成分が含まれていること、そして、天然オイルのオリーブオイルが含まれているのがポイントとなっており、毛穴の汚れをオリーブオイルが絡め取り、殺菌して肌をキレイにするという働きが期待できる点があります。

 

オロナインでの毛穴ケアの注意点

オロナインでの毛穴ケアの中には、オロナインを洗い流した後に毛穴パックを使用することで角栓をさらにごっそりと除去できるという評判が広がり、オロナインと毛穴パックシートを使ってケアする方が多いです。

 

ただし、この場合、オロナインによって、毛穴が緩み汚れが落ちた状態に毛穴パックシートの粘着力で皮膚を傷つけてしまう場合があります。実際にオロナインと毛穴パックシートでのケアを頻繁に続けていた方の中には以前よりも黒ずみが起こりやすくなったという失敗談もあります。

 

オロナインを洗い流した後は肌の引き締めケアが重要

毛穴の開き対策

毛穴が開いてしまった状態を放置すると汚れも入り込みやすく、逆効果にもなりかねませんので、オロナインを洗い流した後は、十分な保湿を行い、肌を冷やしたタオルなどで引き締めるケアを行うことが大切です。

 

オロナインと毛穴シートでのケアは行った直後は黒ずみも落ち、角栓も取れていると感じる方は多いですが、その後の毛穴の引き締めが十分でない場合、黒ずみが起こりやすくなり、ケア自体の頻度が多くなりがちです。そうなってしまうと、皮膚表面の肌を守る成分がどんどん、剥がれていってしまい、乾燥も起こしやすくなる場合もありますので、オロナインでの毛穴ケアは1週間に1度程度に収めておき、日々の洗顔と保湿ケアをコツコツと行うことが、肌へのダメージも少ないので、おすすめです。

 

肌に優しい天然泥のフェイスパックで毛穴ケア